あんな事、こんな事、日々思う事、etc. …徒然なるままに…。


by s_soranotori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

夏が来れば・・・

夏が来れば思い出す・・・。
はるかな尾瀬、じゃないですよ、尾瀬にはまだ行ったことはありませんから。
やっぱり、戦争とか、平和とか、核とか、命とか・・・。
夏になると考えずにはいられません。

色々考えてはいるのですが、言葉にするような、何か人に語れるような、そんなまとまったものがありません。
これでも若いころは、平和行動で、代々木公園に寝転がりに行ったり、「今戦争になったら地下活動に加わって、戦争反対のビラを張って回る」「いのちがけで闘う」とか思っていたんですけれど。
そう、なんとも、闘うのが好きな少女でした。

 ファイト!   闘う君の唄を
 闘わない奴等が笑うだろう
 ファイト!   冷たい水の中を
 ふるえながらのぼってゆけ

 ファイト!      
             中島みゆき「ファイト!」より

生きるということは、自分の中の萎えていく心と闘うことなのだ、と今でも思ったりします。

 走り続けていなけりゃ 倒れちまう
 自転車みたいな この命転がして
 息はきれぎれ それでも走れ
 走りやめたら ガラクタと呼ぶだけだ、この世では
              中島みゆき「断崖-親愛なる者へ」

こう見えて(どう見えて?)結構ストイックなところがあったりします。
中島みゆきのこういう曲は、クリスチャンになる前に、とても好きだった曲です。

でもね、今は、闘うだけじゃなくて、神様に委ねることも覚えて、神様に信頼すること、感謝することも覚えて、闘うのも自分の力でがむしゃらに闘うのではない、と分かってきて、生き方も随分変わってきたと思います。

それでも、時には

 自分の感受性くらい
 自分で守れ
 ばかものよ
       茨木のり子「自分の感受性くらい」

と、思う自分もいたりして。

キリスト・イエスのりっぱな兵士として、私と苦しみをともにしてください。
第2テモテ2:3

この御言葉を読んで献身の思いに導かれた割に、生ぬるーく、だらりんと日々生きている自分を反省するこの頃です。
神様はわたしの弱さも御存じ・・・ということに甘えてしまっている自分。
そのままのわたしで愛されているということと、そのままのわたしでいて良いということは違うとわかっているのに、どうも、自分には甘いんですよね・・・。

とりあえず、明日は、ちょっとしっかりピアノの練習をしようと思います。
[PR]
# by s_soranotori | 2012-08-15 23:52 | 信仰・雑感
 インターネットは便利です。

 わたしにとっては主に、友人知人とコミュニケーションを取る道具です。
あとは情報収集と、たまにお買い物。
 もちろん仕事の打ち合わせや、連絡のツールとしても用いています。

 いずれにしても、あまり知らない人と、どんどんつながっていくというタイプではありません。

 基本的には、インターネットでつながっている人も、わたしにとってはリアルなお友達がほとんどです。

 インターネットで頻繁に交流していた相手が、あまりネットに顔を出さなくなったり、今までブログ中心だったのにTwitter中心になるなど、別のネットワークに行ったりしてしまうと、交流が少なくなってしまうけど、リアルな友達なら、それで友達ではなくなる訳ではありません。
 もちろん、少しは淋しさを感じます。
 かといって、それだけがつながりという訳ではないのだから、と、思うようにしています。

 逆に、知らない人からどんどんお友達申請が来ると、ちょっと戸惑ってしまいます。
 「どこかで出会った人で、わたしが忘れているのか?」
 「どうしてこの人はわたしと友達になりたいと思ったの?」
あれこれ考えて、悩んでしまいます。

 最近は、Facebookでの交流が多いのですが、mixiにしろ、Facebookにしろ、お友達申請をして下さる方は、その辺のことを一言添えてメッセージいただけるととてもすっきりします。

 先ほども書きましたが、知らない人とどんどんつながりを広げていくタイプではないので、ただ名前や公開されているプロフィールだけを見てお友達になるということは少ないです。

 こちらが一方的に知っていて、お友達になりたいと思っていても、一度もお会いしたことがないのに、わたしの方からお友達申請をするというのはよほどのことがない限りできない「引っ込み思案」なタイプなのです。

 それでもたまに、知らない人との素敵な出会いがあったり、忘れていたようなつながりが復活したりするのが、インターネットの不思議で面白いところかもしれませんね。
[PR]
# by s_soranotori | 2011-07-07 21:16 | 雑感

「処世のおきて」

 わたしは夫と共に、月に一度、特別なことがない限りケアハウス(老人ホーム)に出かけて、数名の入居者の方々と聖書のお話などをする時を持っています。
 先日はそこで一人の女性が、「毎日、とてもイライラするのですが、環境のせい、健康のせい、他にやっぱり修養が足りないのでしょうか」と言われました。その時ふと頭に浮かんだのが、ゲーテの「処世のおきて」という言葉です。私はこの言葉(詩?)の出典については詳しく知りません。「アルプスの少女ハイジとともに」(高橋健二著・彌生書房刊)という、「ハイジ」の著者、ヨハンナ・シュピーリの伝記の中に引用されていた言葉として記憶に残っています。

   気持ちよい生活を作ろうと思ったら、
   済んだことにくよくよせぬこと、
   めったなことに腹を立てぬこと、
   いつも現在を楽しむこと、
   とりわけ、人を憎まぬこと、
   未来を神にまかせること。

 わたし自身も、このような生活を送ることができればさぞ、毎日気持ちよく過ごせるだろう、と思うのですが、はてさて、なかなか難しいものですね。
[PR]
# by s_soranotori | 2009-02-21 00:20 | 雑感

8年前のこと…

 今日は義父の命日でした。

 わたしが結婚したのは2000年11月11日土曜日。
グイドのお父さんとは、11月10日に初めて出会って(結婚前に北海道の親戚に挨拶に行った時は行方不明というか、居場所がわからなかったのです)親戚の皆さんも含めて皆で夕食を食べ、11月11日結婚式のあと別れて、11月12日は礼拝に出席して13日から新婚旅行。
11月21日新婚旅行から帰ってきて、11月22日にグイドのお父さんが亡くなったと連絡があり、23日の早朝札幌に飛んだのでした。
 だからわたしにとって、義父との思い出はたった2日間だけでした。
それも思い出と呼べるほどのものではなく…。

 グイドは、1歳半の時にお母さんが亡くなったのですが、お父さんは子育てや家庭的なことは全く駄目な人だったようで、結局グイドはお兄さんとバラバラに親戚に預けられて育ったのだそうです。
何軒かの親戚のお世話になったようですが、一番長くいたのが広尾の伯父さんのところで、16歳からは自活。
まあ、グイドの生い立ちは紆余曲折があってわたしもよく分かっていない(というか憶えられない)部分はあるのですが、いずれにしてもお父さんと共に過ごした思い出はあまりないようです。
 そんな話を聞いていたわたしは、これからたくさんの親子らしいことを、お義父さんにもグイドにも味わわせてあげたい、と思っていたのに…。もしかしたらいつかはこちらに呼んで一緒に暮らすことになるかも、と思っていたのに…。
 あまりにもあっけなく逝ってしまったお義父さん…。
最初は交通事故だと連絡を受けたのですが、警察に行ってみたら、解剖の結果、運転中に心臓の発作か何かがあったようで、意識不明になった結果、電柱に当たったということで、事故死ではなく病死だったそうです。
恐らくそんなに苦しまずに亡くなられたのでしょう…。
 お義父さんは、結婚式の当日グイドに「ありがとうな…」とぽつりと言葉をかけられたそうです。「結婚式に呼んでくれてありがとう」だったのか、「立派に育ってくれてありがとう」だったのか…。真意はわからないのですが、色んな思いのこもっていた「ありがとう」だったのではないかと思います。

 新婚旅行から帰ってきて、当時私たちが御奉仕していた教会では「11月一杯ゆっくりして良い」と言っていただいていたのですが、結局11月一杯、葬儀と、義父の身辺整理に追われたのでした。
まだ11月でしたが、雪が降って結構つもり、泊まっていた安ホテルの近くにあった、ちょっと大型のスーパーで肌着や短いブーツを買ったっけ。

 そんなことを思い出しながら、ほとんど思い出のないお義父さんのことを思い出したくて、結婚式のビデオを出してきて見ました。
式の時のお義父さんの挨拶は不器用な人らしくしどろもどろで、笑いを誘いながらも心温まるもので、お義父さんに結婚式に出てもらえたことが何よりの思い出になったことを感謝しました。

 今日、デンマークカクタスがほころび始めました。

e0036727_23141811.jpg

[PR]
# by s_soranotori | 2008-11-22 23:59 | あの日を忘れない

ゆるし・赦し・許し

 昨日の深夜、NHKで宮崎駿氏の特集番組をやっていました。

 ジブリ好きのグイドが見ていたので、途中から見て、途中で寝てしまったのですが、その中でとても印象に残った言葉がありました。

 正確ではないかもしれませんが、宮崎駿氏は「基本的に人を楽しませたい」ということを語っていた中で、
「楽しんでもらえれば自分の存在が許されるだろう。」
「楽しんでもらえれば自分の存在が無駄ではないと思える。」
といったことを語っておられたのです。

 幼少期の経験などが背景にあるようですが、こんなに有名な作品をたくさん作っているアニメーション監督でもこんなに淋しい心でおられるのかと思うと切なくなりました。
もちろん、いつもいつもそんな風に思っておられる訳ではないのでしょうが。

 ゆるしのない人生は空しいというか、哀しいというか、切ないというか…。

 わたしたちクリスチャンは、自分が生まれながらに罪びとであったことを認め、イエスキリストの十字架が自分の罪の贖いのためであったことを信じ、罪の赦しを得ています。
 罪の赦しを得ていることで、存在の許しをいただいているように思います。そして、

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」イザヤ書43: 4

 という御言葉を一人一人が自分のものとして受け取ることができるのです。

 欠けたところも、足りないところも多く、デコボコの多いわたしだけれど、神様に赦されているから、愛されているから、わたしはいても良い。
 そして、自分の力では大したことはできないけれど、神様が用いて下さるから、わたしはきっと役に立たない者ではない。

 そんな風に信じることができるのです。

 宮崎駿氏はものすごく、アニミズム的思考の強い人だと感じますが、どうか、キリストのゆるしを知ってほしいものだと、番組を見て強く思わされました。
[PR]
# by s_soranotori | 2008-10-19 00:03 | 信仰・雑感

つぶやき

 ここは、たぶんメインの日記ブログに比べると読んで下さっている方は少ないと思うので…敢えてここに。
ただ、自分のために書くつぶやきです。

 わたしは自分で「信仰が足りないなあ」と思うことがあります。
結構色んなことをすぐに諦めてしまうのです。
あるいは、「今は時ではない」と考えてしまいます。

 この頃、周りを見回して、「羨ましいなあ」と思うことがあります。

 独身で若い伝道者の女性。
音楽もできて、英語も堪能で、バリバリ用いられています。

 あるいは、独身の友人たち。
それなりに趣味を大事にして、自分の生活をenjoyして、楽しそうにやっています。

 正直、「羨ましいなあ」と思ってしまうことはあります。

 でも、わたしもよく考えたら、かつてはそういう時代があったのだな、と思うのです。

 英語や日本語教育の学校に行くちょっとした蓄えもあって、豪華なツアー旅行は行けなかったけど、宣教師の友人を訪ねて海外にも行ったし、様々なところで神様の御用をしていました。

 今は、家庭があって、限られた範囲での活動です。
独身の時に比べたら経済的にも厳しくて、習い事のひとつもできません。

 でも今は、神様はわたしに家庭をゆだねて下さっている、と受け止めています。
夫を助け子供を育てる仕事をゆだねて下さっていると。
そして、そこには、わたしだけの幸があります。

 それでも、わたしは結婚して育児をしている割には、色んなところへ出かけている方ですし、色んなところで神様の御用もさせていただいている方だと思います。

 もっともっと…欲を出せばきりがありません。

 今は、目の前に置かれていることにベストを尽くしていこうと思います。

 自分のしたいこと、思いも、今は神様におゆだねしています。
「したい、したい」と思っていると、「できない」という状況に心が浸食されて、人を羨んだり妬んだりする心がわたしの中に芽生えてきてしまうので…。
そんな自分を嫌いになりたくない、と思っていた時、フッと、神様にゆだねることができ、心が静かになりました。

 人には諦めているように見えるかもしれませんが、わたしの中ではそうではなく、「できる時にはできる、できないときにはできない」そんな思いがあります。
今は、神様の歩ませて下さる道を一歩一歩、歩いていこうと思います。
いつか、神様が奇蹟の扉を開いて下さることを信じて…。
[PR]
# by s_soranotori | 2008-10-18 02:09 | 信仰・雑感

定めの時

 俳優、緒方拳さんが亡くなられました。

 好きな俳優さんの一人でした。
本当に急で、びっくりしました。

 姉は、共演のチャンスがあったのに、タイミングが悪く、他の仕事が入っていてできなかったのを残念がっていました。


 改めて、人の命の不思議を思いました。




 うちの父は、今までに何度も死にかけて、今もお医者さまでさえ「これで生きているのが不思議」と言うほど、たくさんの病気を抱えていて、体も弱っているのに、まだ生かされています。
何とかお仕事も続けさせていただいています。

 緒方さんは、ご本人には人に知られない戦いがあったのでしょうが、それを一切見せずに、つい最近まで普通に仕事をしておられたのに突然、逝ってしまわれました。

 人の命は、わからないものですよね。

 最近、人が亡くなるたびに思います。

 人の命は神様が定められた時があるのでしょうが、残されて戸惑う者たちは、簡単にそれを受け入れられずに、追いかけて焦がれて泣き狂う…ということもあるのでしょう。

 愛する人を失われた人々の心に慰めがありますように…。



天の下では、何事にも定まった時期があり、
すべての営みには時がある。
生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。
植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。
                 伝道者の書 3章1-2節

神のなさることは、すべて時にかなって美しい。
神はまた、人の心に永遠を与えられた。
しかし人は、神が行なわれるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。
                              伝道者の書 3章11節

[PR]
# by s_soranotori | 2008-10-08 01:32 | 雑感

影を追い越す方法

 今年に入ってから、いつだったか、すごく鬱的な状態に陥ったことがありました。
「神様がわからない」そう夫に泣きつきました。

 今でも、ふとネガティブになることがあります。
 そんなとき、昔読んだ漫画に出てきた一つのエピソードを思い出しました。
自分の影におびえつつ、どうしてもその影を追い越せなくて、悩んでいた少年…。
でも、仲間たちとの友情の中でいつの間にか、太陽に向かって駆けていて、その時、あんなに恐れていた影は自分の後ろに回っていた、というお話。
こうして書いてしまうと、ありきたりなきれいごとの世界なのかもしれませんが、光に背を向けることの愚かさをとてもうまく表現していると思いました。
 後ろを向いてしまったら終わり、とにかく今は、一歩ずつでも、いえ、半歩ずつでも、…立っているだけでも良いから、光に向かっていようと思います。
[PR]
# by s_soranotori | 2008-08-29 22:35 | 雑感

63回目の今日

♪ああ ゆるすまじ原爆を
 三たびゆるすまじ原爆を
 世界の 上に

いつだったか、の、ドキュメント番組で、被爆者の方と原爆投下された方との対面、というのがありました。
投下された方は、決して一言も謝りませんでしたね。

戦争は、個人レベルのことではないので、色々と問題はあると思うのですが、その方は、一言「申しわけなかった」と言うことで、相手の心をいやすことができたのに、それをしなかった。
非常に残念でした。

原爆は、そして戦争は、人類の罪です。

この地上のどこにも、正当化されてよい戦いはないのです。

ただ、その一方で思うことは、憎しみは憎しみの連鎖を生むだけだということ。
わたしたちは憎しみの連鎖を断ち切らなければならないのです。

「トラトラトラ、我奇襲に成功せり」の真珠湾攻撃の特攻隊長・淵田美津雄さんや、「炎のランナー」で有名なエリック・リデルさんの生涯を通して、学ぶことは多々あります。

戦争を、そして原爆をゆるしてはならない。

けれど、どこかで憎しみの連鎖を断ち切らなければならない。

矛盾しているようだけれど、人類にとっての課題ではないかと感じています。
[PR]
# by s_soranotori | 2008-08-06 23:59 | あの日を忘れない

野に咲く花のように

 友人である声優、辻谷耕史のWebサイトにあった「野に咲く花のように」というエッセイを読んで、ふと思ったことを書き留めておきます。
(記事は辻ちゃんのサイトのtopics〔5月22日付〕にあります)



 あるがままの自分を受け入れるのは、なかなか難しいことですね。
特にたるんだ自分のお腹を見る時は(笑)

 それでも、ONLY ONEである自分を愛することは、とても大切なことです。
今の日本には、self imageの低い人が多すぎるように思います。

 もちろん、あるがままの自分を受け入れること、愛することは、現状に妥協するという意味ではなく、受け入れたうえでなお、自分のbestを尽くすこと。
それがわたしの課題でもあるのですが。

 無理して頑張るのではなく、bestを尽くすこと。
しなやかに、したたかに…。
あの頃(辻ちゃん達とと顔を突き合わせていた頃です・笑)、自分にイメージしていた生き方が、今でも課題のわたしです。
[PR]
# by s_soranotori | 2008-05-30 23:49 | 雑感