あんな事、こんな事、日々思う事、etc. …徒然なるままに…。


by s_soranotori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

夏が来れば・・・

夏が来れば思い出す・・・。
はるかな尾瀬、じゃないですよ、尾瀬にはまだ行ったことはありませんから。
やっぱり、戦争とか、平和とか、核とか、命とか・・・。
夏になると考えずにはいられません。

色々考えてはいるのですが、言葉にするような、何か人に語れるような、そんなまとまったものがありません。
これでも若いころは、平和行動で、代々木公園に寝転がりに行ったり、「今戦争になったら地下活動に加わって、戦争反対のビラを張って回る」「いのちがけで闘う」とか思っていたんですけれど。
そう、なんとも、闘うのが好きな少女でした。

 ファイト!   闘う君の唄を
 闘わない奴等が笑うだろう
 ファイト!   冷たい水の中を
 ふるえながらのぼってゆけ

 ファイト!      
             中島みゆき「ファイト!」より

生きるということは、自分の中の萎えていく心と闘うことなのだ、と今でも思ったりします。

 走り続けていなけりゃ 倒れちまう
 自転車みたいな この命転がして
 息はきれぎれ それでも走れ
 走りやめたら ガラクタと呼ぶだけだ、この世では
              中島みゆき「断崖-親愛なる者へ」

こう見えて(どう見えて?)結構ストイックなところがあったりします。
中島みゆきのこういう曲は、クリスチャンになる前に、とても好きだった曲です。

でもね、今は、闘うだけじゃなくて、神様に委ねることも覚えて、神様に信頼すること、感謝することも覚えて、闘うのも自分の力でがむしゃらに闘うのではない、と分かってきて、生き方も随分変わってきたと思います。

それでも、時には

 自分の感受性くらい
 自分で守れ
 ばかものよ
       茨木のり子「自分の感受性くらい」

と、思う自分もいたりして。

キリスト・イエスのりっぱな兵士として、私と苦しみをともにしてください。
第2テモテ2:3

この御言葉を読んで献身の思いに導かれた割に、生ぬるーく、だらりんと日々生きている自分を反省するこの頃です。
神様はわたしの弱さも御存じ・・・ということに甘えてしまっている自分。
そのままのわたしで愛されているということと、そのままのわたしでいて良いということは違うとわかっているのに、どうも、自分には甘いんですよね・・・。

とりあえず、明日は、ちょっとしっかりピアノの練習をしようと思います。
[PR]
by s_soranotori | 2012-08-15 23:52 | 信仰・雑感