あんな事、こんな事、日々思う事、etc. …徒然なるままに…。


by s_soranotori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

年越し

 今年も残すところあと2日。
早いな~。信じられない。でも、信じようと信じまいと年は暮れていく。
 父の得意ネタの一つ「宗悦殺し」という怪談噺の中で、今で言うマッサージ師の宗悦がお金を貸していた先に「お金を返してもらわないと年が越せません」ということを言いに行くと先方が「越せねば越すな!その方が越せずとも年のほうで勝手に越していくわ!!」という科白がある(多少違うかもしれないけど、まあそんな科白)。
 確かに、家が散らかっていても、家計簿つけてなくても、車を洗っていなくても、年は勝手に越していく。
 結婚前に通っていた教会の牧師先生(アメリカ人宣教師)がいつも、「日本人はどうして年末になるとみんな車を洗うのですか?」と不思議そうに話しておられたのを思い出す。
 ただ、普通に1日が過ぎていくだけなのに12月31日と1月1日では何か全然違う日という気がするのはなぜだろう・・・。
 そんなことを言ったら誕生日だって、昨日と一日違うだけで、年が一つ増えたからどうってことはない、って思うんだけど、やっぱり特別な日なのだ。
 日付、ってなんだか不思議だ。
クリスマスじゃなくても、いつもイエス様が生まれてくださったことを覚えるべきだし、イースターじゃなくても、いつもイエス様が復活されたことを信じているはずなんだけど、やっぱりその日が来ると特別な思い入れを持って臨む。
本当は1日1日が二度と来ない大切な日なのに。
 今日の決断、今日の選択が明日を左右する。極端に言えば、道を右に曲がるか左に曲がるかで出会う人も変わるのだし、それによってもしかしたら人生を左右する人と出会うかもしれないのだ。
まあ、あんまり考えすぎると道も歩けないけど。
 そんなことを思いながら、2003年という1年が過ぎてゆく。
今年は、暮れ近くになってこのサイトを始めたので、年末になって色んな人と出会えた。両親のバプテスマもあって、年の前半を忘れるほど、充実した下半期だった。
 厚かましいようだけど、来る年もまた、神様の豊かな恵みを期待しつつ、新しい一歩を踏み出したい。
[PR]
by s_soranotori | 2003-12-30 00:00 | 雑感