あんな事、こんな事、日々思う事、etc. …徒然なるままに…。


by s_soranotori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

愛・地球博

 愛・地球博に行くことにした。日程はまだ未定だけど。
姉の家族はこういうのには興味ないらしい。勿論他にも興味のない人はたくさんいるだろう。
でも、我が家はこういうの、大好きなんだよね。
日本にとっての大きなイベントだものね。
大阪万博、神戸ポートピア、花博、と関西圏であったものはとりあえず行った。その中でもやっぱり万博といえば35年ぶりとのことだし、やっぱり是非行っておきたいと思った。詩音ちゃんの記憶には残らないかもしれないけど、写真やビデオを残してあげたい。
 わたしたち家族がこういうのを好きなのはきっと「歴史」が好きだからだと思う。夫の秘蔵品は以前NHKで放送された「映像の世紀」のDVD-BOX。20世紀の歴史が映像によって残されている貴重な資料だと思う。
そういう意味で、世間の関心度がどの程度の物であれ、とりあえず世界的行事である万博が日本で開催される数少ない機会に居合わせたのも一つの摂理かと思うと、是非行っておきたい、と思ってしまう。
 映画「となりのトトロ」に出てくる「サツキとメイの家」は是非行きたいと思っていたのだけど、チケットが取れない。チケットといっても無料なのだけど、コンビニエンスストア“ローソン”でだけ、発券されるというのだけどこれがものすごく入手困難なのだ。翌月分が前月の1日午前10時から予約できるのだけど、わたしが行った時には、10時から端末を操作しているけど、一向に繋がらない、という子連れの女性が、12時過ぎても頑張っておられた。あとでもう一度挑戦したら、11時台ですでにチケットは完売していたらしい。
まあ、有名歌手のコンサートでもチケットの入手は困難で、電話や端末の繋がりにくい状態になるから、ある程度仕方がないとは思うけど、残念なのは、その日のうちにすでにネットオークションに出回っていることだ。コンサートのチケットはもともと有料の物だから、本当に行きたかったけど行けなくなった人が行きたい人に定価で譲るのならまだゆるせるだろう。わたしも実際、ネットオークションではなく、特定の歌手のチケット掲示板を利用したことがある。そこでは定価以外の取引は許されない。有名歌手のコンサートなど、抽選の場合はどれが当たってどれが外れるかわからないので、友人と協力して複数応募して、結果全部当たってしまったので譲るというケースもある。
 しかし、今回の場合は、もともと無料のチケットが、1枚5000円ほどもする値段で取引されているのだ。発売日当日なのに、「是非行きたくてローソンで粘ったのですが、その日行けなくなったのでお譲りします」と言うもっともらしいコメントのついているものもある。嘘だと決め付けては失礼かもしれないけど、本当だろうか、と思うのはわたしだけではないだろう。憤懣やるかたない。本来は、そういう高値でチケットを買えるセレブな人に見て欲しいのではなく、古きよき時代を知らない子供たちに見て欲しいのだろうに。いや、子供に見せてやりたくて、親がそういう高値のチケットを買ってしまうのかもしれないけれど。そう、残念なことには、チケットを出品する人がいるだけでなく、入札する人が多数いる、という事実だ。
 わたしは、そういうチケットは絶対に買いたくないと思う。のどから手が出るほど、欲しくても、やっぱり不正と分かっている行為には関わりたくない。どうしても手に入らなかったのなら、それもまた摂理と言うほかはない、と思っている。
 幸い、わたしたち夫婦は、「サツキとメイの家」だけが目的ではない。色々な国のパビリオンを是非見てみたい。フロリダのディズニーワールドに行った時も、敢えて、人気のマジックキングダムやアニマルキングダムよりエプコットに行ったわたしたち。そう、エプコットは、まさしくリトル万博だと思う。そのエプコットが大好きなわたしたちには、万博は充分楽しめるイベントだと思う。
 色々な国の文化に触れたり、最先端の科学技術に触れたり、万博本来の楽しみを満喫してきたいと思っている。そして、歴史の狭間に生かされていることを実感したいと思う。
ま、理屈より何より、楽しめればいいんだけどね!
[PR]
by s_soranotori | 2005-04-03 15:46 | 雑感