あんな事、こんな事、日々思う事、etc. …徒然なるままに…。


by s_soranotori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

8年前のこと…

 今日は義父の命日でした。

 わたしが結婚したのは2000年11月11日土曜日。
グイドのお父さんとは、11月10日に初めて出会って(結婚前に北海道の親戚に挨拶に行った時は行方不明というか、居場所がわからなかったのです)親戚の皆さんも含めて皆で夕食を食べ、11月11日結婚式のあと別れて、11月12日は礼拝に出席して13日から新婚旅行。
11月21日新婚旅行から帰ってきて、11月22日にグイドのお父さんが亡くなったと連絡があり、23日の早朝札幌に飛んだのでした。
 だからわたしにとって、義父との思い出はたった2日間だけでした。
それも思い出と呼べるほどのものではなく…。

 グイドは、1歳半の時にお母さんが亡くなったのですが、お父さんは子育てや家庭的なことは全く駄目な人だったようで、結局グイドはお兄さんとバラバラに親戚に預けられて育ったのだそうです。
何軒かの親戚のお世話になったようですが、一番長くいたのが広尾の伯父さんのところで、16歳からは自活。
まあ、グイドの生い立ちは紆余曲折があってわたしもよく分かっていない(というか憶えられない)部分はあるのですが、いずれにしてもお父さんと共に過ごした思い出はあまりないようです。
 そんな話を聞いていたわたしは、これからたくさんの親子らしいことを、お義父さんにもグイドにも味わわせてあげたい、と思っていたのに…。もしかしたらいつかはこちらに呼んで一緒に暮らすことになるかも、と思っていたのに…。
 あまりにもあっけなく逝ってしまったお義父さん…。
最初は交通事故だと連絡を受けたのですが、警察に行ってみたら、解剖の結果、運転中に心臓の発作か何かがあったようで、意識不明になった結果、電柱に当たったということで、事故死ではなく病死だったそうです。
恐らくそんなに苦しまずに亡くなられたのでしょう…。
 お義父さんは、結婚式の当日グイドに「ありがとうな…」とぽつりと言葉をかけられたそうです。「結婚式に呼んでくれてありがとう」だったのか、「立派に育ってくれてありがとう」だったのか…。真意はわからないのですが、色んな思いのこもっていた「ありがとう」だったのではないかと思います。

 新婚旅行から帰ってきて、当時私たちが御奉仕していた教会では「11月一杯ゆっくりして良い」と言っていただいていたのですが、結局11月一杯、葬儀と、義父の身辺整理に追われたのでした。
まだ11月でしたが、雪が降って結構つもり、泊まっていた安ホテルの近くにあった、ちょっと大型のスーパーで肌着や短いブーツを買ったっけ。

 そんなことを思い出しながら、ほとんど思い出のないお義父さんのことを思い出したくて、結婚式のビデオを出してきて見ました。
式の時のお義父さんの挨拶は不器用な人らしくしどろもどろで、笑いを誘いながらも心温まるもので、お義父さんに結婚式に出てもらえたことが何よりの思い出になったことを感謝しました。

 今日、デンマークカクタスがほころび始めました。

e0036727_23141811.jpg

[PR]
by s_soranotori | 2008-11-22 23:59 | あの日を忘れない