あんな事、こんな事、日々思う事、etc. …徒然なるままに…。


by s_soranotori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29

<   2004年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「賜物」について

 最近、「自分には賜物なんてないんじゃないか」「自分の賜物ってなんだろう」と考えておられる方とのメールのやり取りを通して、ちょっと考えたので、とりとめもなく書いてみた。

基本的に、賜物を与えられていない人なんていない。一人一人、キリストの器官として何か役割を担っているのだから、一人一人、必ず賜物がある。

 ただ、わたしは、「賜物」にも色々種類があるのではないかと思う。
 例えば、わたしの友人に、独学にもかかわらず、ピアノがものすごく上手い人がいる。アレンジもピロピロやってのけてしまう。でも、以前は、楽譜がほとんど読めないと言っていた。全部「耳」で聞いて覚えたり、自分のインスピレーションでできるらしい。すごい賜物だと思う。
 また、ある友人は、絵がものすごく上手い。高校時代から美術展に入選したりして、今も絵画の制作活動をし、時々個展などやっている。
 こういう人は、本当に特別な「才能」を神様から頂いた人たちなのだろうと思う。
 でも、わたしはというと、とにかく何もかもが中途半端だ。

 ピアノ…一応神学校で習ったので、会衆賛美の奏楽は何とかできる。
でも、何でも弾けるという訳じゃないし、ワーシップとか、コンテンポラリーなものはほとんど弾けない。
 絵…実は高校は美術科だったし、漫研にいたので、ちょっとはCSの教材とかも描けるのだけど、たいしたことはない。謙遜ではなく、本当にたいしたことはない。とりあえず、ごまかしながら何とか、という感じ。アニメ調の絵が顔だけ、描けるので(^_^;)後はごまかしで書いたり、サンプルを見て何とか、という程度。考えたら、高校時代、ごまかしの訓練だけはできたかも。いずれにしても最近は描いていない…。
 歌…これは一番まともだとは思うけど、それでも、それほど専門的な教育を受けたわけではなく、レッスンを受けなくなってから久しいので、ほとんど自己流になってしまっている。
声が大きいのと、割と音程はいいほうだと思うけど…。でも、テクニックは本当に中途半端で、いつもミスばかり。
それでも、賛美は技術じゃない、と言い聞かせて(^_^;)、喜んで歌っているけど。
 日本語…これも中途半端。
勉強したくて日本語教育の資格を取ったので今、WECの宣教師の先生にお教えしているけど、毎回頼りなくて、こんなんでいいのか、といつも反省している。
 クラリネット…ただ、くわえて吹ける、というだけ(^_^;)文字通り「かじっただけ」(^◇^;)
 PC…自己流で、これも中途半端。HPを立ち上げて、すごい、とか言われてるけど、これはソフトが良いだけ。タグを貼ったりすることは一切なく、ただ、ソフトに書き込んでいくだけなのだから。
 あと、かじっただけなら英語もちょっと…。お金かけて通ったわりに、使わなくなるとどうも…きれいさっぱり忘れてしまった。新婚旅行(アメリカ・個人旅行。といっても途中からは友達〔アメリカ人と日本人の夫婦〕と合流だったけど)の時はまだ今よりましだったので少しは役に立ったけど…。
 お菓子作り…単に好きなだけ。
 「話す」ことも賜物だ、といわれたことがあるけど、単にしゃべり好きなだけじゃないかと思うし…。その意味で「交わり」は賜物かもしれないけど。
 伝道…これも、情けないことながら、こんなんで良いのか?わたしは伝道者じゃないのか?と、自問自答の日々。

 と、こんな具合に、できることは色々あるが、すべて中途半端。
それなのに、人にはよく「賜物がいっぱい」とか言われる。
 でも、わたしのは「特別な才能」じゃない。なんとなく、色んなことに興味があって首を突っ込んだり、なりゆきで勉強したりする機会があっただけだ。
 しかし、わたしにとってはこの「勉強する機会」が賜物だったのかな、と思っている。

 いずれにしても、はじめから、何かできることが「賜物」ではなくて、何かができるようになることも、もしかしたら賜物なのでは…、と思う。

 あるいは、「何かできること」が賜物ではなく、人柄や性格、その人の存在そのものが賜物、ということもできるだろう。
 今、思い出したけれど、以前、こんなことがあった。
 わたしのところに遊びに来たある姉妹が、ご自分も少しのハンディキャップを持っておられたのだけど、「♪Sunnyさんが、病気なのに機嫌よく頑張ってはるのを見ると、自分も頑張ろうって思える」と言ってくださった。わたしは何もしてないのに、わたしに励まされる、と言われる。「こりゃ病気ももしかしたらわたしの賜物かも」と思ったものだ。
 またある、伝道者の先生がご自分の娘さんの一人の性格を「たとえ紙くずでも『お土産』を貰ったら喜べる性格です」と言っておられた。もちろん褒めておられたのだ。「喜ぶ」と言うことが彼女の賜物だ、と。

 人にとってまず生命そのものが神様からの「賜物」。それだけで十分感謝できるのではないかと思う。
 その上で、もし、自分に何かできることがあるのならなお感謝、と思えばよいと思う。
 別に悩む必要はない、人は生きている限り、何かしら、まわりに影響を与えている。それが「賜物」なのではないだろうか。会社で働いておられるならそれも賜物だと思う。
 教会で、具体的に何かをすることだけに固執していると、「賜物」の本質を見失うのではないか、と心配になることがある。

 今度、「わたしの賜物は?」と考えている姉妹に言ってあげよう。
「あなた自身が賜物だよ」と。
[PR]
by s_soranotori | 2004-02-10 00:00 | 信仰・雑感
 わたしは、1983年2月9日に、イエスキリストを信じ、救われ、いわゆるキリスト教的、新生を体験した。昨年は、信仰を持って20周年だった。
その年に両親がバプテスマ(洗礼)を受けたことはとても嬉しいことだった。
 1984年、2月11日にバプテスマを受けたので、今年は、わたしがバプテスマを受けて20周年に当たる。それで、という訳ではないのだけど、昨年に引き続き、私自身の信仰の歴史について、もう少し書き留めておきたいと思う。

 今回は、信仰を持つ背景となったものを、もう少し、また違った側面で書いておきたいと思う。
 信仰を持ったときの事は、先に書いたが、他にも色々な導きがあった。

 自分で言うのも何だが、わたしは感受性の強い子供で、本や映画、TVなどにすぐに感情移入をする子だった。
 いつだったか、「ハイジ」の映画を見た。アニメではなく実写の、海外製作のものだったが、それを見てきてから、しばらくの間、毎日ベランダに出て空を見ながらお祈りしていた(何に向かってかはわからないけれど)。
 小学校高学年ごろ、「アンネの日記」を読んだ。それから、自分も日記に名前をつけて手紙のようにして日記を書いた。
 TVで「赤い靴」というバレエもののドラマをやっていた。あこがれて、バレエを習い始めた。
 そんな話は枚挙に暇がない。
 「赤毛のアン」や「ジェーン・エア」などの本を読んでは教会というものにあこがれた。中でも「ジェーン・エア」は小学6年の時に夢中になり、8回も繰り返して読んだ。
 とにかく小学生の頃は本の虫だったので、色々な本を読み、その影響を受けた。その頃読んだ少女漫画の影響もあったかもしれない。
 中学の時、通学路の途中に小さなカトリック教会があった。
行ってみたくて、いつも、いくつかある帰り方の中で、一人の時は、いつもその教会のそばを通って帰った。
 話は変わるが、その頃私は宝塚ファンだった。
 宝塚というのは、阪急グループの劇団なので、当時、阪急百貨店のレコード売り場と、同じ百貨店内の「宝塚コーナー」によく通った。毎回買い物をする訳ではないのだけど、ただ、いろいろな物を眺めては楽しんだ。
 当時、レコード売り場は、書籍売り場の隣にあった。その書籍売り場に「ホーリーコーナー」というのがあった。そこには聖書が売ってあり、時々カトリックのシスターらしき人がお店に駐在していた。マリア像や、クロス、キャンドルなど、ロマンチックなものも売っていて、わたしはそこが大好きだった。他の店内よりは、少し薄暗い神秘的な雰囲気がして、レコード売り場に行くと、必ずそこにもよるようになった。
何度かキャンドルや燭台を買った後で、一冊の聖書を買い求めた。たいして読んだわけではないけれど、その頃、家庭科の実習でパジャマを作ったギンガムチェックの布のあまりでカバーを作り、大切にした。
 考えてみれば、なぜかわたしは「聖書」というものに関心があったようだ。
 小学校中学年の頃、やはり百貨店の書籍売り場で(これは神戸大丸だったような気がするけど…)、誕生日に好きな本を買ってやるというので、姉と一冊ずつ選んだ時もわたしは「聖書物語」を選んだ。モーセが(たぶん紅海を前にしていたのだと思う)風を受けて崖のようなところに立っている絵が表紙だったと記憶している。母に「あんたこんな本がエエの」と言われながらも「うん、これがエエ」と買ってもらった。それも、実はそんなに熱心に読んだ記憶がないのだけど、とにかく、買ってもらった時は嬉しかった。
 救われてから振り返ってみると、もっと小さい頃に与えられていた絵本のことまで覚えている。イエス様の誕生から、最後はどこまで書かれていたのか、ヨハネのバプテスマを受けられるイエス様の絵は覚えているけど、十字架は記憶にないから、神の国をのべ伝えた、というところまでだったのかもしれない。あるいは忘れてしまったのか。とにかく、イエス様の誕生の時の、東方の3人の博士がらくだに乗っている絵がやけに印象に残っている。
 こうして振り返ると、本当に小さい頃から、様々な方法を通して、神様はわたしに語っておられたのだ、と感じる。
 もちろん、わたしは教会にばかり関心を持ったわけではなく、小学校高学年から中学にかけて、漫画や宝塚の影響もあって、新選組に興味を持ち、司馬遼太郎など、歴史小説も色々読んだ。新選組に関しては、愛好会みたいなものに入ったり、壬生寺や京都の史跡にもよく通ったりしたものだ。神秘的なものにあこがれるわたしは占いも大好きだった。わたしは熱しやすくさめにくし性格だと、自分でも思う。習い事や勉強に関しては、あまり長続きはしなかったけれど…(^^)
 話を元に戻そう。
 聖書を買ってしばらくして、わたしは、思い切って教会に電話をかけてみた。中学1年の時だったと思う。教会の前で電話番号をメモするのが恥ずかしかったわたしは、一生懸命暗証しながら家に帰って、電話した。たぶん神父さんだったのだろう、男性が出られて、「誰でも行っていいのですか」という質問に、丁寧に、「どうぞお越しください」と答えてくださった。
 次の日曜、わたしは、教会に出かけた。いつも教会の看板を見ていたから、集会の時間もわかっていた。
 はいると、思っていたとおりの神秘的な雰囲気で、教会は素敵なところだった。けれども、中で何が行われているのかさっぱりわからなかった。何か水の入った鉢のようなものがあって、それを触っていた人もいたようだけど、何をしているのかわからなかった。自分がどうすればいいのかもわからなかった。誰も何も教えてくれなかった。
 しばらくして、回りを見回して、後ろのほうの席にそっと座った。なんだか集会(ミサ)が始まったようで、みんなが賛美歌を歌い始めた。幸い賛美歌だけは隣の人がそこにあったものを貸してくださった。でも、歌は知らないし、何が起こっているのかもさっぱりわからないまま、いつの間にか集会が終わったらしく、皆が席を立ったので、わたしも席を立った。神父さんらしき人が、「またいらしてください」と言ってくださったような気もするが、他の人はほとんど声をかけてもくれなかったし、その日、洗礼を受けられたらしいベールをかぶった若い女性の周りに皆が集まっているのを横目に身ながら、少し淋しい思いで帰ってきた。また教会には行きたかったけど、なんとなく足が遠のいた。
 そうこうするうちに、中学2年の初めに引っ越してしまい、その教会とは離れてしまった。
 引っ越した地域は、プロテスタント教会がいくつかあり、中には熱心な信徒の方が、家の前に大きな集会案内の看板を出しておられるところもあった。また、時々、電柱という電柱に真っ赤な十字架の着いたポスターが貼られ、伝道集会の告知がされていた。
 それらを横目に見ながら、結局教会には行かずに残りの中学時代をすごし、高校に進学した。
 高校は、ミッションスクールではないけれど、キリスト教主義を取り入れた学校だった。
 この違いは、後になってわかったのだけど、ミッションスクールというのは、宣教師やキリスト教団体が、宣教の一環として建てた学校のことで、わたしの通っていた学校は、もともとミッションスクールではなく、裁縫学校から、女学校、女子高校へと転換してきた学校で、その途中、道徳教育のためにキリスト教教育を取り入れたと聞いた。
 この高校を選んだのは、「美術科」というのがあり、そこでは、2年生に理系の授業がなく、3年では数学がない、という、単純な理由だった。それと、その頃には、演劇の道に進む決心をしていたので、普通のクラスよりは、芸術系のクラスの方が後々役に立つだろう、というぐらいの思いだった。公立高校にも行けたけど(わたしたちの地域では、有名私立高校はともかく、公立は比較的レベルの高い部類だった。レベルからすると、有名私立進学校、公立高校、一般私学の順。一般私学にもピンからキリまであったけど)、公立高校で受験戦争に巻き込まれるのはごめんだと思い、私学一本にした。まあ、美術科は比較的狭き門だったので、私学専願でも「美術科」というとそれなりに格好がついた。他の受験者の中には、美術科は専願でないと入れない、と言われたという人もいた。
 まあ、学歴ですべてが決まるわけじゃないし、ウチの父は小卒でも大学で講義できるようになった、という人なので、気にはしないつもりだったけど、それなりに、周りのこともちょっとは気になる年頃だった。
 それはさておき、とにもかくにもキリスト教主義の高校だったので、1年の時には聖書の授業なるものがあった。この授業は牧師先生が来てくださって、2クラスぐらい合同で受けていた。
わたしは、後にも先にも3学期間すべてを通して5段階評価で5を貰ったのは聖書のクラスだけだった。実際、このクラスは非常に簡単で、ほとんど譬え話を覚える程度のテストだったのだけど、それでも赤点を取る人がいたから、世の中にはよっぽど、向き不向きというのがあるのかと思う。しかし、そんなこともあって更に更に私は「聖書」に親しみを持っていった。
 とはいえ、礼拝の時間はどうもだめだった。1年の時に聖書の授業が週1時間あった変わり、2年、3年になると週1時間、礼拝の時間があったの。宗教部の先生や、時には宣教師の先生が来られて、聖書からお話をしてくださるのだけど、わたしはこの礼拝が始まった瞬間からもう眠かった。
 またまた、話がそれるけれど、わたしは小さい頃から文楽や歌舞伎に連れて行かれることが多かった。わたしの両親は、わからないから、といって子供が騒ぐのを良しとしなかった。騒ぐよりは寝ていたほうがまし、というので、「わからなければ寝なさい」と言われ、そうする習慣がついていた。そのせいか、わからない授業の時もすぐに寝てしまって困ったものだったが(^_^;)。
 そんな訳で、退屈だと思うと、本能的に眠りのスイッチが入るらしい。礼拝はほとんど最初から最後まで寝ていた。それも、非常に上手に寝ていたので(自慢にならないが)先生に見つかって叱られたことがない。眠ったまま、立ったり座ったりして、皆が賛美歌を歌うのに合わせていたりしていたらしい。
 そんなわたしだったけれど、聖書の授業で覚えたいくつかの譬え話は心に残っていた。特に「放蕩息子」の話はなぜか大好きだった。
 さて、またまた話は変わるが、わたしは高校時代アニメファンだった。
実際には、子供の頃からアニメ大好きだった。中学3年のころにアニメブームがやってきて、それで、自分がアニメファンだということに気が付いただけで、その時、アニメ好きになった訳ではない。タツノコアニメが好きでファンクラブにも入ったし、学校の漫画研究会にも入った。漫研と言っても、ほとんどアニメの話ばかりしていた。
馬鹿ばっかりやっていたわたしたちに、ひとつの逸話がある。
 高校1年生の時、昼休みにみんなでお弁当を食べていて、アニメソングの話で盛り上がり、みんなで熱唱していた。と、突然担任が入ってきて、「今うととった(歌ってた)ヤツ誰や!」と怒鳴られた。いつの間にかチャイムが鳴って、5時限目が始まっていたらしい。たまたま担当教師が何かの事情で来られなかったのと、歌声でチャイムが聞こえなかったために、わたしたちは大声で歌い続けていたという訳だ。
 折りしも、高校の願書受付期間中、わたしたちの教室はその受付の真上にあり、担任の先生は「学校の恥や!」と激昂しておられた。
 わたしは、一番に席を立った。そういうところは正直者だったと思う。次々と仲間が立ち、わたしたちは廊下に立たされた。教室の中ではまだ延々と先生が怒って説教されていて、わたしたちは、こりゃ、顔のひとつも叩かれるかと覚悟をした。隣に立っていた友人はそっと眼鏡をはずしていた。
 しかし、教室を出てきた先生は、意外に教室の中とは雰囲気が変わり、一人一人の顔をしげしげと眺め、「お前らはいつかやるやろとおもっとたら、ついにやったな~」と笑って「しばらく立っとけ」と言って行かれた。わたしらはそんな馬鹿ばっかりやってるヤンチャな「漫研グループ」だった。
 「ガンダム」「イデオン」「どかべん」「野球狂の詩」「ダンガードA」「ガッチャマン」「ヤマト」「キャプテン・ハーロック」「999」「家なき子」「宝島」「ルパンⅢ世」色んなアニメを好きな人がいたっけ。わたしは、「ガンダム」「ガッチャマン」「家なき子」「宝島」などなどが好きだった。上映会に行ったり、声優さんのコンサートにいったりもしたっけ。
 何で、このことと、信仰と関係あるのかと言うと、この時、アニメファンだったおかげで、後に、東京の演劇学校で出会った人と親しくなり、その友人が、やはりアニメ関係で出会った人に教会に誘われ、わたしがついていったのが、わたしがクリスチャンになるきっかけとなったのだ。もし、あの時わたしがアニメファンでなかったら、教会には行ってなかったに違いない。

 そう考えると、神様のご計画というのは実に深遠だと思う。
 信仰とは一見何の関係もないこと、つまりわたしが宝塚ファンだったりアニメファンだったことも、ちゃーんと、神様につながっていたのだ。
 こじつけ、と思われる方もおられるかもしれない。でも、わたしにとってはただの偶然ではない。一つ一つが、大切な神様の導きだったのだと思う。
 わたしが、京王線の調布駅で、一人の婦人にイエス・キリストを受け入れる祈りを導いていただいた、その場にたまたま居合わせた一人の兄弟がおられる。その方は、いつもは新宿駅は利用しないのに、その日に限って、その時間、そこにおられ、同じ電車になった。後で親しくなってみると、その方はなんと、JAZZの大ファンで、叔父のことも良く知っておられた。後になって、あれも偶然ではなかったのだ、と知った。

 わたしは、偶然教会に行ったのではない。一つ一つのことを、神様が用意周到に導いてくださっていたのだ、と思う。もちろん、わたし自身が選択した道ではある。神様は強制的にわたしを連れて行かれるようなことはされなかった。しかし、どのようなことも用いて、神様はご自分の愛する羊を導いてくださったのだと思う。
 今、これをご覧になっている方がおられるなら、それもまたきっと、神様の導きの1つなのかもしれない…。というか、そうであってくれれば嬉しいと思う。
 拙いサイトだし、世的な部分もたくさんあるかもしれないけれど、このサイトが、神様に用いられますように、わたしは祈りながら綴っている。
[PR]
by s_soranotori | 2004-02-07 00:00 | 信仰・証し