あんな事、こんな事、日々思う事、etc. …徒然なるままに…。


by s_soranotori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

わたしの賛美

 新しいポータブルMDを買ったのを機に、自分の、過去のいくつかの賛美のMDを聞きなおした。今までに何度も書いたけれど、技術的には本当にガッカリだ。あまりに不十分なできに情けなくなる。
こんな者が前に立って賛美してきたのかと思うと恥ずかしくなる。

 いつも同じことの繰り返し。
しかし、どうしても、「賛美」というご奉仕を自分の働きから取り去る事は考えられない。
もし、自分に「賛美」の賜物があるのならそれはどういうことなのか、どんな賜物なのか、どう用いるべきなのか、最近、祈りの中でずっと考えていた。
そんな中で、たどりついたのは「ことば」だった。
わたしは「ことば」を語る者であり、「ことば」を伝える者であるということ。
そしてわたしは「ことばなる神(=イエス・キリスト)の福音」を伝える者だということ…。
「歌う者」ではなく「語る者」…。それはわたしが天の父と、肉の父から受け継いだもの。
わたしの賛美は、「歌い手」としての賛美ではなく「語り部」としての賛美。そんな風にわたしの中にストンと落ちるように入ってきた思いがあった。
これからも、主の福音を伝える者として、語る者として、主を賛美し続けたい。今、そんな願いを持っている。

 こんなことを、書くのもおこがましい、恥ずかしい、と思ってしまう自分がいる。
しかし、今はあえて書くことで自分を押し出そう、と思う。
そして、決して歌手のように上手ではなくても、これからも「語り部」として主を賛美し、主のご栄光を伝え、主の福音を伝えて生きたい。今、そんな願いが与えられている。
[PR]
by s_soranotori | 2006-12-02 21:05 | 信仰・証し